冷蔵庫 運搬

冷蔵庫の運搬が安い業者を探す方法

冷蔵庫 運搬

冷蔵庫 運搬

冷蔵庫 運搬

冷蔵庫 運搬

 

家にある家財の中で、最も運びにくいのは冷蔵庫ではないでしょうか?

 

大きくて重い・・・と思ったら、ファミリータイプの400Lを超えるものは重さが100kgを超えるのです。
それは簡単に動くはずありません。

 

冷蔵庫を運んでくれそうな業者といえば、便利屋・家財便がある宅配業者・引越し業者が考えられます。

 

便利屋に冷蔵庫の運搬を依頼できるのは、家の中での移動か近距離の場合です。
大手の便利屋の価格を参考にすると、作業代1人3000円/1時間+出張費1人2000円/1時間+車両費3000円となっています。
冷蔵庫を運ぶのは1人ではおそらく無理なので2人と考えると、1時間以内に作業が終わるなら13000円ということですね。

 

家財便のある宅配業者で大型冷蔵庫を運送するには、同一県内で約16000円です。
東京〜大阪間だと約19000円になります。

 

では引越し業者ではどうでしょう?
便利屋や家財便を扱う宅配業者より、引越し業者は圧倒的に数が多いので価格競争は激しくなります。
冷蔵庫の運搬費用の相場を知りたいなら、複数の引越し業者に見積もりを取ってみなければわかりません。

 

そこでオススメなのが、引越し業者一括見積もりです。
一度の情報入力で最大10社から見積もりを取ることができます。

 

冷蔵庫 運搬

 

大手から地元の業者まで200社以上が参加しています。
簡単で便利なのに利用料は無料ですのでぜひご活用ください。

 

 

複数の見積でさらに安くなる!

1つ1分。3つでも3分。最もお得にしよう!!

SUUMO引越し

電話番号入力不要!

見積もりしておけば、あなたの都合のいい時間にメールや電話で連絡できるので、時間を気にしなくていい
・クロネコヤマトの引越が人気
クロネコヤマト

引越し達人

・なんと最大55%安くなる!
30秒のかんたん見積もり
・引越し手続きガイド プレゼント

引越し価格ガイド
引越し

・200社を超える業者が登録
・最大10社から見積もり

ズバット引越し
引越し

・安い引越業者を探す方法は必見


ライフル引越し
引越し

・はじめての引越しにもおすすめ

 

 

 

引越しの価格相場と時期

 

冷蔵庫引越し時期

 

引越しの価格は、荷物の量と引越し距離が同じであれば1年中いつでも同じというわけではありません。
引越し件数が最も多い3月が1年で一番忙しく、この時期はどこの引越し業者も猫の手も借りたいほど大変なのです。

 

この時期のことを繁忙期と呼び、引越しの価格は通常期に比べて高めに設定されています。
もし引っ越し時期にこだわりがないのであれば、3月前後の繁忙期は引越し業者も見つかりにくいし費用も高いので避けた方が無難です。

 

しかし繁忙期にしか引越しできないようであれば、引越しの準備を早くスタートさせるのが1番良い方法です。

 

引越し業者は沢山ありますが、繁忙期は引越しをしてくれる業者が見つからないという事態もあり得ます。
新居の住所がわかったらすぐに複数の引越し会社に見積もりを依頼してください。
住所が分からないと細かい金額が算出できないのです。

 

繁忙期でもまだ余裕のある時期で見積もりを依頼すれば、複数の業者から見積もりが届きます。
しかしこれがギリギリになると1社のみ、最悪0社ということもあり得ます。
繁忙期の引越しはスピードが勝負ですので、とにかく業者をおさえてしまいましょう。

 

繁忙期に引越しが集中する理由は、大学への進学・会社の就職・春の人事異動での転勤などが集中するからです。
新学期がスタートする4月に間に合うようにと一斉に移動するのです。

これらに該当する人たちは繁忙期を避けようがありませんので、もしこの時期にこだわらないのであれば通常期に引越ししましょう。

 

 

引越し費用を安くする方法

 

冷蔵庫引越し時期

 

さて、繁忙期(3月前後)は引越し料金が高いと言いました。
しかし通常期であっても、土日祝日の午前や大安といった日は人気があるため他の日よりも費用はやや高めです。
といいますか、人気のある日は引越し業者が割引しづらい時期と言えるのです。

 

引越し費用を安くしたいのであれば、平日の午後か時間を決めないフリー便がオススメです。
引越し業者の仕事に余裕がある時期は、費用を割引して集客しようとするため、ひっこし価格を安くすることができるのです。

 

ほかにもトラックと運転手だけを用意してもらうチャーター便は、引越しを手伝ってくれる友人知人はいるけど車がない人にはオススメです。
軽トラックをレンタルする方法もありますが、トラックに荷物を積む際に背の高い家具や大きな家電を上手に積むのは難しいですし、何でもかんでも自分でやろうとすると体力的に厳しくなります。

 

さて引越し全般で一番お金がかかるのは、長距離の引っ越しだと思います。
長距離であれば数十万円かかることも普通にあります。

 

もし一人暮らしの引越しで荷物が少なかったり大きな家具がないのであれば、単身パックや混載便を利用するのがオススメです。
これは同じ方面に荷物を運びたい何人かでトラックの費用を割る形で運ばれますので、経費がかなり抑えられ安く引っ越しできます。
このように引っ越しにはいろいろ安くするポイントがあるので、利用できそうなものがあればいいですね。

 

 

引越し業者とオプション

 

冷蔵庫 運搬

 

引越し料金は、交通費と人件費、それにオプション費用が合わさったものです。
ではこの「オプション」とはどんなもののことなのでしょうか?

 

引越し費用のオプションとは以下のようなものです。

 

@エアコンの取り付け・取り外し
Aテレビの取り付け・取り外し
Bハウスクリーニング
C車の陸送
Dピアノの運搬
Eペットの運搬
F殺虫サービス
G荷物の一時保管

 

エアコンの移設は素人には出来ません。
しかしエアコンを自分で購入して設置した人なら、新居にも持って行きたいと思いますよね。
引越しの前に自分で電器屋に来てもらって外してもらい、新居で再び電器屋に来てもらって設置するのはすごく面倒ですね。
そこで引越し業者のオプションでエアコン移設を依頼しておけば、専門の業者が来てくれて移設してくれるので簡単で便利なのです。

 

車の陸送なんて自分でやればいいのに・・・と思われるかもしれません。
しかし例えば東京から九州まで1人で運ばなければならない場合もあります。
こんな長距離運転は運転が好きで、時間に余裕があって、体力にも自信がある人でないとできませんね。
ですから車の陸送もオプションで依頼する人がいるのです。

 

ピアノはどこのお宅にもあるものではありません。
それに他の家具に比べても高級な楽器なため、小さな引っ越し業者ではピアノの運送を断る場合もあります。
そうなるとピアノ運搬の専門業者に依頼しなければなりません。
一括見積もりでも、オプションで「ピアノ運搬」を入れておけば、ピアノの運搬を扱う業者だけが対象になるので便利です。

 

 

軽トラックのレンタカーで運搬

 

レンタカー 運搬

 

運びたいものが少なければ、レンタカーでの運搬することも考えますね。
レンタカーでの運搬条件は@距離が近いこと A荷物が少ないこと B人手があることなどです。

 

運搬先までの距離が遠いとそれだけレンタカーのレンタル料がかさみます。
ガソリン代を満タンにして返さなければなりませんので、返却する際は少し早めにレンタル会社に行かねばならないのです。
時間に追われると気が焦り、運転が荒くなったりスピードを出してしまうので危険です。

 

あとは手伝ってくれる人がいることです。
冷蔵庫などの重い家財は人手がないとトラックに積み込めません。

 

レンタカーは安くなるイメージがありますね。

 

トラックのレンタル料は【基本料金+燃料代+保険料+その他】です。
これに友達への謝礼・お弁当・お茶代などもかかります。
ただ気をつけなければならないことは、運搬中に冷蔵庫を落として壊しても補償がありませんし物件の床や壁を傷付けた場合は修繕積立金が戻ってこないことも。

 

場合によっては引越し業者に依頼するのとさほど変わらない場合もありますから、比較のためにも見積もりを取ってみるといいかと思います。